home > 有松絞り×ツグモノ

ツグモノ001:有松絞りプロジェクト

有松絞り×ツグモノ

有松絞りとは

TOPICS

「有松スカーフ」が、伊勢志摩サミットの公式記念品に!

「有松スカーフ」が、伊勢志摩サミットの公式記念品に!

「有松スカーフ」が、伊勢志摩サミットの公式記念品に!

有松スカーフ

400年以上の歴史を持つ「有松絞り」は、愛知県名古屋市の有松地域で受け継がれている絞り染め。
「巻く」「くくる」「たたむ」といった多彩な技法から生まれる、美しい模様と柔らかな立体感が特徴です。
絞り技法の種類は、なんと100種類以上。
絞りの産地は世界各地にありますが、これだけの数を有しているのは、ここ有松のみと言われています。

絞り技法によって様変わりする、多彩な模様の美しさ。「しわ」や「ひだ」から生まれる、立体感のある風合い。
そんな有松絞りの魅力を、もっとたくさんの方へお届けしたいという想いから、有松絞りのつくり手とツグモノがタッグを組んで、新しいアイテムを開発しました。

「絞り」の技を、モダンなデザインに。

有松絞りの6人のつくり手が、肌触りと通気性に優れた「麻」を素材に、
それぞれの技法を用いたデザインの『有松スカーフ』を制作。伝統と革新が融合したデザインに仕上げました。

ITAJIME
「板締め絞り」の技法を使用した、シンプルなストライプ模様のスカーフ。

KARAMATSU
縫い絞り技法のひとつ「唐松絞り」を使用。凛とした美しさが際立つスカーフ。

MOKUME
「杢目絞り」の技法を使用。木目のような筋模様の素朴なスカーフ。

KOBOSHI
「小帽子絞り」の技法を使用。モダンなドット柄のスカーフ。

SUJI
アジア各地で見られる技法「筋絞り」を使用。立体感がユニークなスカーフ。

MAKIAGE
「巻き上げ絞り」の技法を使用。インパクトのあるデザインがうれしいスカーフ。

つくり手の声

伝統的な柄をモチーフにした、
デイリーに使えるスカーフができました。

山上商店 山上正晃さん

メッセージを読む
閉じる

名古屋大学の留学生を招いた「有松絞り体験会」を開催!

2016年12月。ツグモノプロジェクトの一貫として、名古屋大学の外国人留学生を招いた「有松絞り体験会」を有松絞商工協同組合様と共同開催しました。体験会は有松絞りの紹介ムービー上映、絞り体験(ハンカチ)、ディスカッションに街並み見学と盛りだくさんな内容。「体験することで伝統工芸品の良さをより深く理解できた」といった声をいただくなど、大好評のうちに終了しました。今後もツグモノでは、伝統工芸品の歴史と魅力を海外の方へ発信していく活動を続けていきます。

閉じる

人気銘菓「名古屋ふらんす」とツグモノのコラボ商品が発売!

人気銘菓「名古屋ふらんす」とツグモノがコラボレーション!有松絞り柄のパッケージが目を引く新商品「和の名古屋ふらんす 黒みつきなこ」として、2016年 12月8日(木)から発売開始されました。有松絞り特有の美しい模様を再現したデザインは、商品が持つ「和のテイスト」をより一層深めています。手みやげやお持たせに最適なこの商品は名古屋駅売店、中部国際空港売店、東海エリアの主要サービスエリア・パーキングエリア、イオン各店等で順次販売していきます。

ご購入はこちら(名古屋ふらんす オンラインショップ)

閉じる

「有松スカーフ」が、伊勢志摩サミットの公式記念品に!

2016年5月26・27日に開催された伊勢志摩サミット。その公式記念品のひとつに「有松スカーフ」が採用されました!サミット数日前からJR名古屋駅と中部国際空港に設置された「おもてなしブース」でガイドの方が着用した他、来日した海外プレス関係者への記念品としても採用され、有松絞りをアピールしました。

閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる
閉じる