ツグモノ[TSUGUMONO]

Home  >  ツグモノプロジェクト  >  常滑焼×名古屋女子大 共同開発プロジェクト

常滑焼×名古屋女子大 共同開発プロジェクト

愛知県常滑市の伝統工芸品「常滑焼」のつくり手から組織される団体「とこなめ焼協同組合」と名古屋女子大学の産学連携事業をツグモノがプロデュース。「急須でお茶を愉しむ」ライフスタイルを提案するための取り組みを2018年4月からスタートしています。特に若者に合わせた新しい茶文化を追求することで、伝統工芸の継承および地域活性化に貢献していくプロジェクトです。

とこなめ焼協同組合
〒479-0836
愛知県常滑市栄町3-8
TEL. 0569-35-4309
https://www.tokonameyaki.or.jp/

名古屋女子大学
〒467-8610
愛知県名古屋市瑞穂区汐路町3丁目40
TEL. 0120-758-206
http://www.nagoya-wu.ac.jp/

REPORT

2018年1月31日

とこなめ焼協同組合と
名古屋女子大の協定締結をプロデュース

愛知県常滑市の伝統工芸品「常滑焼」のつくり手から組織される団体「とこなめ焼協同組合」と「名古屋女子大学」が、ツグモノのプロデュースをきっかけに協定を締結。茶文化を未来に継承していくため、若い世代に茶器のあるライフスタイルを提案し、研究や茶器の開発で連携するプロジェクトがスタートしました。

プロジェクトに協力いただくのは、家政学部で食品化学を学ぶゼミ生の皆さん。常滑焼の急須と別の素材でできた急須で入れた茶の成分分析や、年代別の茶の好みなどの研究に取り組んでいくほか、窯元見学会など常滑焼を身近に感じてもらう機会も提供されます。また、組合はツグモノと共に新しい茶器を開発。試作品を学生に評価してもらいながら進める商品開発も同時にスタートしています。

↓協定締結のニュースは「中日新聞」「中部経済新聞」などメディアにも取り上げられました。

2018.2.1 中部経済新聞

2018.2.2 中日新聞

BACK TO TOP